ダウンロード画像のサイズは1920 x 1080 スマホ用1080x 1920です。スマホでご利用の場合は縦型の画像を使うと綺麗に表示されます

超格安!グリーンスクリーンの作り方

均一な色の背景であれば白でも黒でもバーチャル背景が働きますが、服の色や髪の色が背景に似ている場合、バーチャル背景が人物に映り込む場合があります。
そのようなことを防ぐために、色は緑などが推奨されています。

あなたはzoomを使うパソコンをどこに置いていますか?
デスクトップのパソコンを使っている場合は、なかなか位置を動かせないですよね。

パソコンの位置によっては、壁のような平面な面を背中にできる場合と、背中側に物を置いてあって隠したいものがある場合とではバーチャル背景に最適な均一な背景を作る方法が違ってきます。
そこでこの記事では、これら2つの場合に分けて説明します。

壁のような平面を背中にできる場合

壁のような平面を背中にできる場合は、壁に模造紙を貼ることで、均一な色の背景が作れます。

背景用の模造紙なら2枚入りで600円くらいです。
色は緑が推奨されていますが、色が均一であれば水色でも問題はありません。

バーチャル背景用に模造紙をはる方法

  1. zoomのカメラのテストを開きます。
  2. 和紙テープや ポストイットのようなものを使って、実際に画面に入る壁の範囲に印をつけます。
  3. 印をつけた範囲が隠れるように模造紙を貼ります。

押しピンが使えない壁には、ポスター用のテープを使ってみてください。

背中側に物を置いてあって隠したいものがある場合

背面に物が置いてあって隠したい場合は、隠したいものの前に壁を作る必要があります。
専用のグリーンスクリーンがない場合は、洗濯物の部屋干しに使っているものを活用することができます。

バーチャル背景用に壁をつくる方法

  1. zoomのカメラのテストを開いて、映り込む位置を確認します。
  2. 洗濯の部屋干し用のポール洗濯用のロープを隠したいものの前に設置します。
  3. クリップや洗濯バサミを使って、模造紙をつるします。
  4. 洗濯物干し伸縮タイプ
    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
    ¥2,961(2021/07/26 10:36時点)

    市販のグリーンスクリーンをつかう

    模造紙は安くて手軽ですが、紙なので痛みがでてきます。
    頻繁にバーチャル背景を利用する場合は、市販のグリーンスクリーンを使うのも1つの方法です。

    スタンドが別売りになっている場合があるので、壁や物干し用のポーツがある場合は、スクリーンの部分だけ利用できます